滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫(神戸)/和歌山の心理カウンセリング

大阪/兵庫(神戸)/和歌山/滋賀大津草津/京都/奈良の心理カウンセリング。精神疾患がある方のメンタルケアはもちろん、悩んでる弱ってる困ってる悲し寂しいつらいという方も。うつ,不眠,不安,心療内科,精神科,メンタルヘルス,メンタルクリニック,パニックなどピンとくる言葉があれば一人で無理して我慢せずカウンセリングを。

「あのー」って言ってくれたら「はい?」って答えるから。言えば聞こえる場所にいるから。

【滋賀心理カウンセリング】です。

 

最近は心理カウンセリングという範囲を超えて悩み相談・人生相談に来られる方の話も多くしているので、たまには本道の本懐を、再確認する意味も込めて書いてみます。

 

心理カウンセリングをしていると、精神疾患の方が多く来られます。お薬の処方はしてません。主にお話を聴きます。

 

なんで疲れてしまったのか(原因)、

 

今のままでは変わりようがないのか(環境)、

 

どうすれば少しは良くなるのか(方法)、

 

どんなふうに良くなっていきたいのか(方向)、

 

どうなれば元気になったと言えるのか(目標)。

 

 

気分が落ち着かないからって、寝れないからって、

 

栄養が足りてないからって、薬を飲んでても治らないんだ。

 

薬を飲んでて治ったとしても、それは自然に治ったってこと。

 

薬の効果は現象症状を緩和させるだけで、

 

原因の解消や状態の改善とは関係ない場合が多い。

 

結局は自分で現実を変えるか慣れるしかない。

 

ってことは、良い意味で図々しくなれたらいいのにねぇ。

 

 

だから、しんどかった精神状態の毎日がなんとなく

 

だんだん普通の気持ちに戻ったって人は、それは

 

アナタが自分で頑張ったんだよ。乗り越えたんだよ。

 

 

内容や立場、時期や性格、季節や性別、年齢や相手、

 

いろんな要素とか条件があるから簡単には誰のことも

 

良くも悪くも言えないけど、すごくしんどかったねぇ。

 

めっちゃ頑張ったねぇ。やっと、もう大丈夫なのかな。

 

これからは大丈夫なトコにいるようにしてね。

 

住む場所とか仕事先とか学校って意味じゃない。

 

自分の存在感を、自分の中で大丈夫なトコに置いといてね。

 

 

ザックリ言うと、そういう、心の在りようをプラスに誘導したり

 

マイナスにブレーキかけたりするのが心理カウンセリングです。

 

とは言え、レンタルフレンド然り、考え方然り

 

私個人ってカウンセラーとしてけっこう独特らしいし

 

持論を展開しまくりなので、心理カウンセリングの枠では

 

珍しいスタイルかもしれませんが、でも自分なりに、飛びぬけて

 

優しい気持ちや、理解して一緒に思いたい気持ちは強いと

 

自信を持っています。誰よりも柔軟であろうと思っています。

 

 

少し話を戻しますが、薬だけでは精神疾患は治りません。

 

あくまで身体的症状への緩和効果です。

 

だから精神科や心療内科という薬を出す医療施設とは別で、

 

話を聴いて具体的な対処をしていくことを主とする

 

心理カウンセリングが存在します。

 

 

だから<精神科or心療内科>と<心理カウンセリング>を併用している人が増えてきています。

 

というか、心が弱ってしまった人そのものが増えています。増えっぱなし。

 

 

一人で乗り越えられればもちろんいいし、薬を飲む事で症状緩和に助けられて改善すればもちろんいい。

 

 

でも、それじゃあ足りなくて、心のしんどさが常にあって、

 

ずっと光が見えないような、ぜんぜん明るくなれないような、

 

前向きになれなくて元気がなくなってしまった時に。

 

家族や友達、先生や先輩とか誰にも言えなくて、聞けなくて

 

言っても意味なさそうで、変なこと聞いてる気もして

 

なんか、言葉が出てこなくなってしまいそうな時には

 

思い切って私に「あのー」って言ってほしい。

 

「はい?」って素で答えるから。

 

「どうしたん?」って穏やかに会話を始めるから。

 

変に優しくしないし、変に冷たくもしない。

 

嫌うこともないし無視することもない。

 

ちゃんと、普通に返事するから。

 

どれだけでも愚痴っていいし、顔を隠して泣いてもいい。

 

最低でも一緒にいることぐらいできるから。

 

1回きりでもいい。だってそんなん、1人はしんどいでしょうよ。

 

 

そうね、私じゃなくてもいい。

 

ほかの心理カウンセリングの先生でもいい。

 

やっぱりね、だってそんなん、1人はしんどいでしょうよ。

 

アナタが1人で弱ってることがもう私には寂しい。

 

 

そういえば、個人的なことを言えば、私ってたぶん

 

心理カウンセリングしてなくても同じ考え方。こんな性格。

 

だから今までいっぱい色んな人の色んな話を聞いてきた。

 

なんでも出来る訳じゃないし、絶対助けられるかはわからない。

 

でも、一緒にいるとか、話を聞くとか、悩むとか、

 

少なくとも味方だと安心できるだけの存在感はある。

 

薄くないと思う存在感で大事に思って近くにいれる。

 

そこには、好みもえこひいきもない。期限も制限もない。

 

種類も迷いもない。今までも、これからも変わらない。

 

 

滋賀心理カウンセリングとしての展望と言うか、

 

私のカウンセラーとしての今後と言うか、

 

ただの一個人が思う将来と言うか、やっぱり、

 

誰かが「あのー」って言ったら「はい?」って、

 

「どうしたん?」って穏やかに聞いてあげたい。

 

嫌がらず近付いて手を握れる人でいたいと思う。

 

泣きそうな相手に、ちょっと笑顔で。

 

どうなれば大丈夫と言えるのかわからなくても、

 

その最後まで存在できるようにがんばるから。

 

求められれば求められるだけ。

 

中途半端はしない。

 

 

難しい専門用語を並べ立ててキッチリしすぎるよりも、

 

誰にでも同じように聞こえて当てはまる言葉と気持ちでもって

 

わかりやすく表現することを今後も続けていきたいと思います。

 

 

そして、暑苦しいのは嫌やけど

 

熱く温かい人でいたいと思います。



【滋賀心理カウンセリング】でした。

- - - - - - - - - -
※カウンセリングは完全予約制&有料です。

■カウンセリングルームHP

http://shiga-mc.com


■ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。
アマゾン商品画面

https://amzn.to/2Pf7S3c
- - - - - - - - - -