滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫(神戸)/和歌山の心理カウンセリング

大阪/兵庫(神戸)/和歌山/滋賀大津草津/京都/奈良の心理カウンセリング。精神疾患がある方のメンタルケアはもちろん、悩んでる弱ってる困ってる悲し寂しいつらいという方も。うつ,不眠,不安,心療内科,精神科,メンタルヘルス,メンタルクリニック,パニックなどピンとくる言葉があれば一人で無理して我慢せずカウンセリングを。

視線恐怖症・対人恐怖症・コミュニケーション障害またその予備軍。自分でそういう感覚がある人が増えています。

奈良県奈良市から来られた方の相談です。



----------

全く周りに馴染めません。

中学1年生くらいから、親も含めて人とまともに喋ったことがほとんどないせいか(返事や事務的な会話はありますが)、コミュニケーションがとれず、毎日浮いてるし笑われるし気味悪がられます。

知ってる人とすれ違っても自分だけ挨拶されないとかが当たり前です。

友達は1人もいません。

できないし、でも、もう、ヒネくれてしまってるのか欲しいとも思いませんけど。

ここ8年くらい熱中しているものがなく、休日は暇つぶしにゲームしたり動画見たりしてますが、虚しくてしかたないです。

マスク常用で、素顔をさらすのも恥ずかしいです。

人に見られるのが嫌なんです。

緊張とも言えるし、恥ずかしい感じもするし、どうせ嫌われるとか、どうせ僕なんか好かれる訳がないというか。

地面ではないですけど、相手の目も見れなくて、目線を逸らしたり下を見てしまうので暗いヤツだと思われます。

そうです。人が多いところとか、電車もバスも無理です。

何もしてないのにすごく注目されてる気がするんです。

もしかしたら、何もしてないんだから注目なんかされてないかもしれないけど、

でも怖いというか、嫌というか、見られたくないというか、見てほしくないというか。

----------

今回、相談に来てくれた奈良の方に家族関係とか家族それぞれの印象を聞いてみました。

やはり、そうさせるつもりはなかったにしても緊張感を思ってしまう家庭環境だったようです。

----------

はい、母はヒステリックですぐに怒るというか、何が原因かわからないところでキレます。

たぶん父が原因です。

兄が小学校5年生頃からイジメられるようになったんですけど、それを母が聞いて担任の先生に話して、

担任の先生が学級会?を開いてくれて「イジメとは」みたいな話をしたらしいんですけど、それが明らかに兄の話をしてるってわかる内容だったらしいんです。

それで兄は余計にイジメられるようになった、というのを半年後ぐらいにまた母が知って、父が母をこれでもかというほど責めたんです。

兄のイジメがエスカレートしてるのを知ったきっかけは、ランドセルも靴も無くして、下半身裸で泣きながら家に帰ってきたのを母が見たからです。

兄のそれを知って、さらに「お前のせいだ」と父に責められた母は壊れたみたいです。

もちろん悪意あっての行為ではなかったにしても母が担任の先生に話したことでヒドくなった。

父は、でも自分は動かず兄のフォローもすることなく、母を責めることが癖になっていきました。

兄のイジメは変わらなかったそうで、中学生になってからもイジメは続いたそうで、中学2年生の夏休みの最後の日に自殺未遂をしました。

どうしても2学期は行きたくなかったらしいですけど、僕には兄のことは誰からも聞こえてこなくて、見てる範囲で勝手に思ったことです。

僕はイジメられてはなかったけれど楽しくはなかったです。家の中がそんなんですから。

兄の自殺未遂をきっかけに父が母を責めることがエスカレートして、母もそのまま父がいないところでのヒステリックがエスカレートしました。

兄は兄でほとんど喋らないし、僕はそういうのを見たり聞こえたりするのが嫌なので自分の部屋から出なくなりました。

なので、兄が17歳ぐらい、僕が15歳ぐらいから人の目が怖くなるというか、コミュ障になりました。

こういうのってコミュ障って言うんですよね?

兄も、母も、父もコミュ障ですよね。

ネットで無意味に見まくりました。

視線恐怖症とか、対人恐怖症っていうんですよね。

DVだし、ネグレクトだし、コミュ障だし、父も母も最悪です。

----------

うーん。。。

なんちゅうハードな家庭で育ってんねん。。。

私は思わず関西弁で反応してしまいました。。。



で、

どうしたいのか?

何を変えていきたいのか?

聞くと、

----------

視線恐怖症、嫌なんです。

死んだ方がマシなんです。

でも、死ねへんかった。

じゃあ治したい。

それで、ここに。

----------

ふむ。

もっともだ。

いま28歳。

辞め癖がついてバイトをコロコロ変わってはいるものの、引きこもりではないようで、良くなりたい気持ちが伺える。

お金のかかることだし何の保障も責任も取れないけれど、

「とりあえず実家を出ようか」

と提案しました。

もちろん今までに自分でも考えたことはあったそうですが、決断できずにいたそうです。

けれど、

お父さんのことをそういうふうに見てて、

お母さんのこともそういうふうに見てるなら、

出た方がいい。

絶対にいい。

まずはそこからどうかな?と聞くと

「そうします。そうですよね。」

うん、そうだと思う。

がんばって月に10万ほど稼げたらじゅうぶんワンルームの生活費はなんとかなる。



私はそこから、「一人暮らしが始まったら」の話を広げて彼にワクワクさせてあげるようにしました。

「何に、どれぐらい要りますかね?」

うん、家賃・電気代・ガス代・水道代・携帯代・ガソリン代・食費、あとは保険だとか車検だとか、予定外の出費も考えて貯金も増やしていきたいし、誰かと外食することもあるだろうし。

「なんか、でも楽しそうですよね。」

うん、お金のことだけじゃなくて料理も掃除も洗濯も全部自分でやるようになるけど、慣れると当たり前になるよ。

「僕、大丈夫ですかね。いろいろ。」

実家にいるよりは元気になれると思うから、大丈夫と思うよ。

「まぁ、どうしても何ともならなかったら実家に戻れるし。」

うん。けど、もう1つ先の予定も考えとく方がいいから一人暮らしはクリアしたいな。

「もう1つ先の予定って?」

お兄ちゃん。中卒のまま引きこもりなら、いつか面倒を見てあげることになるかもしれないって思っとくぐらいの方が頑張れると思う。

「あー、そうですね。」

ホンマはそこまで背負う必要ないんやけどね。でも、家族やから一応ね。

「はい、いや、そう思います。」



お父さんとお母さんのことは嫌いでも、お兄ちゃんのことは好きでかわいそうだという彼は

「父と母は縁が切れても平気なんですけど兄は離れたくないというか、やっぱ兄弟やし。」

という考え方をしているので、頑張れるモチベーションにして応援していきたいと思います。

責任のとれないことに無理はさせられないけど、でもだからって聞いてる限り親元にいるのは本当に辛そうだったので、彼についてはこの方針で話していきます。



ここまでの極端な例は珍しいかもしれませんが、「視線恐怖症」・「対人恐怖症」・「コミュニケーション障害」であったりその予備軍のような人は増えていて、特に若い人に多い傾向にあるという統計も出ています。

先天性というより、原因があってのそれなのでPTSD(心的外傷後ストレス障害)やはりトラウマがセットになっている場合が多いように感じます。

というか彼の場合は問題と原因が多いし家族それぞれにカウンセリングが必要です。

せめてお兄ちゃんと話せればいいんですが・・・。

会ったこともない、そのお兄ちゃんがかわいそうすぎる。



----------

滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫/和歌山
【心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

※完全予約制
※心理カウンセリングは有料です。

----------