京都滋賀心理カウンセリング

京都滋賀心理カウンセリング。大津,草津,京都,山科からのカウンセリング希望者が特に多いが全国対応に展開中!

名乗るかどうかだけで、すでにカウンセラー然という状態にある順序が逆の北海道の知人の話。

久しぶりのブログ更新になります。

9日ぐらい空いたかな?

相談者にしても知人友人にしてもカウンセラー仲間にしても、「楽しみにしてる」「全部読んでます」「私の話も書いてほしい」等々、ポジティブに話題にしてくれる人が多い中ですが、

良い感じに忙しかったんです。
ありがとうございます。
おかげさまでございます。



さて、ご挨拶もそこそこに、今回の内容です。

1年ちょっと前から知り合いだった、けれども直接はお会いしたことはなくて、メールやLINE、電話でのコミュニケーションを重ねてきた自営業の方が、

まどろっこしくなって、「1回は顔を見とこうよ!」と、滋賀にまで飛んで来てくれました。

文字通りで飛行機で空を飛んで来てくれました。



お花の教室で20年前後だったかな?

先生をされているその方は女性なんですが、

生徒さんから人生相談・悩み相談のようなことや愚痴を聞いたりする機会が結構あって、

悩んでる人により良いお世話を焼いてあげたいと思うことが多かったらしく、

「個人的に悩みを聞いたり愚痴を聞いたりすることを勝手にカウンセリングと称していいかな?カウンセラー的な感じで、せっかくならお役に立ちたいんだけど」と、

まずそれをきっかけに知り合ったんです。

そして、まぁカウンセラーを自称で名乗ることだけで言うなら何の許可や届出なども必要ではなく、「まだまだペーペーなんですけどね」など一言を添えた上で、相手がそれでも頼りにしたい。この人に話したいと思ってくれるならそれは間違ってはいないと思いますよ、と。



そして真面目なお花の先生は「やっぱり専門的な勉強をした方がいいですか?どれなのか何種類かわからないけど資格を取った方がいいですか?」と

カウンセラーという立場を真剣に考えるようになって、なんだかんだアドバイスしていると1年も過ぎていて、

そしてとうとう、「ちょっと、もう行くわ!1回行く!直接お話が聞きたいです!」と、いう流れになったんです。



先日やっと「まぁ、とりあえずはじめまして~」と最初の一言目こそ初対面ではあったけど、二言目からはもうずっと質問攻めでした。

たしかに限られた時間をめいっぱい使おうとするのは当然。

初対面ではあるけど今まで十分に文字や声でコミュニケーションはあったので緊張などなく、

とにかく一言でも多くを顔を見て話したい・聞きたいという積極的な姿勢で、隙間のない充実した時間を過ごしてあっという間に帰る時間になりました。

やはり顔を見て話す方が早く多くを喋れるし、1回は会っておきたかったというのも叶い、今後も濃いやり取りが続きそうです。

お花の先生でありながら、後々にはカウンセラーとしての肩書きも持ちたい。そして出来得ればカウンセリングルームの運営もしてみたい。

北海道は札幌で。

師匠と弟子のような関係ではありますが、ウチのフランチャイズやのれんわけなどの話はしていません。なのでロイヤリティなどはもらわず、代わりに自己責任で楽しく頑張れといった関係性です。

はじめこそ「ウチの看板を・・・」「ウチの看板で・・・」という話もされたような気もしたけど、札幌は遠すぎて行ったり来たりできなくて管理や責任に自信がないし、

なにより部下や従業員みたいな感じじゃなく、仲間として付き合いをしていきたいと思ったので。

それにまぁ、形をハッキリ作る時期は未定ということでもあるし、

慎重に、真剣に、考えてみなはれ(関西弁)ということで良い関係性で話をしてます。

f:id:shiga357amano:20180804185038j:plain



お土産に北海道名物の「山わさび」をいただきました。

まだ食べてないけど、すごい美味しいらしいです。

嬉しいなぁ。ありがとう。

またおいでませ(山口弁)☆



----------
24時間 面談・電話相談にも全国対応
【滋賀心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com


電話でのご予約・お問い合わせ
080-8519-1481


メールでのご予約・お問い合わせ
http://shiga-mc.com/?page_id=53


京都,滋賀,心理,カウンセリング,コミュニケーション,人付き合い,カウンセラー
----------