滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫(神戸)/和歌山の心理カウンセリング

大阪/兵庫(神戸)/和歌山/滋賀大津草津/京都/奈良の心理カウンセリング。精神疾患がある方のメンタルケアはもちろん、悩んでる弱ってる困ってる悲し寂しいつらいという方も。うつ,不眠,不安,心療内科,精神科,メンタルヘルス,メンタルクリニック,パニックなどピンとくる言葉があれば一人で無理して我慢せずカウンセリングを。

メンタルケアにおいての治療から予防へ変わった時

滋賀県大津市に住む大津一郎さん(仮)27歳が昨日、

7回目のカウンセリングに来られました。

 

「もう、元気になってきてるし今日はどうしたんですか?」

 

「元気でしょ!?やっと元気になってきたなーって自分でも思います。」

 

「うんうん。」

 

「はい。」

 

「いや、・・・・・・で?」

 

「あぁ、えっと。元気になってきたんですけど、それは先生のトコに通ってるからで、通わんくなってしまうとまたアレコレ考えすぎるように戻ってまいそうな気がしてて・・・」

 

「あぁ、なるほど。考えすぎてしんどいから通ってたのが、もう治ったけど、でもまた通わんくなったら元に戻りそう、と。」

 

「はい。これって変な考え方ですか?やっぱり迷惑ですよね?」

 

「いやいや、そんなことないですよ。」

 

「そうですか?」

 

「うん。だって、言い換えたら、<治療>が済んで、再発に備える<予防>になったってことやんね?いいと思う。」

 

「治療から予防・・・。」

 

「そう、ホンマは予防が先なんやけど、風邪ならサインがあるけど精神的に疲れる時って予防で動ける余裕ってなくて普通やから、カウンセリングでは治療からの予防ってめずらしくないから。」

 

「へぇ~。じゃあ、他にも同じような感じで通ってる人いるんですか?」

 

「いますよ。年も性別も関係なく。弱ることに警戒心が身に付いたのと、ウチに来ることで治療になるってことを知った人は良い意味で臆病になって、それが再発への予防に繋がるのは自然なことやから。」

 

「へぇ~。なるほどー。」

 

「じゃあ、まぁ、今日はどうする?何かしたいこと、話したいことある?」

 

「うーん。なんやろ。先生の、今までの人生の話とか?」

 

「あ、こっちの話かいな。じゃあ・・・また将棋しながら先生の話しよか?」

 

「はい☆」

 

 

 

なーんて感じの、カウンセリングというよりリラクゼーションって感じの時間を

のんびり過ごしていただきました。

 

最初は大変でしたけど、根が正直で素直に人の話を聞ける人なので

それが原因で疲れてしまった面もあるけど、でもそれを長所として

回復してくれました。

 

 

 

PS,

最近ブログを書く頻度が落ちてます。すいません。

たまに「忙しそうやな!」って声かけられます。

忙しいのもあるけど、本の執筆を始めたからなんです。

もちろん本来のカウンセリング業務を優先ですが

書こうとして文章を書くのは中々に時間を取られる。

しかし嫌ではないので楽しく進んでます。

今後ともよろしくお付き合いください。




--------------------

 

必要な方に届きますように…

 

土日祝日も対応!
朝方・夜・深夜24時間いつでもOK!
大津・草津・山科で大好評の
人間関係・職場環境・夫婦問題・教育相談など
全般的にメンタルケアをしている
滋賀心理カウンセリングです!


【コラム的ブログ】
http://shiga-mc.hatenablog.com


クライアント(相談者)の在住エリアは滋賀のみならず、京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・三重・愛知・福井・岐阜・石川などにも拡大中です☆

 

f:id:shiga357amano:20180407122219j:plain

↑カウンセリングルームの受付窓口に電話が繋がります↑

このページのキーワード設定はメンタルヘルス,人間関係,ストレス,うつ,家庭環境,夫婦関係です。