京都滋賀心理カウンセリング

京都滋賀心理カウンセリング。大津,草津,京都,山科からのカウンセリング希望者が特に多いが全国対応に展開中!

■電話をかける勇気。それをスルーしてはだめだな、と。

お父さん・お母さん、旦那さん・奥さん、上司の方・部下の方、

近所の方や先生、おじいちゃん・おばあちゃんなどなど

 

精神的に弱って、疲れている人を心配してサポートしてくれる方がいる場合というのはよくあることで、

 

そうして本人じゃない方が心理カウンセリングのお問い合わせ・お申し込みをしてくれる場合ならいいのですが、

 

誰にも何も話せてなくて、心理カウンセリングにて初めて心を開こうとしている方ももちろんいて、

 

そういった方が、メールでもそうですし、ましてや電話をかけてきてくれるというのは本当に勇気が要る場合があります。

 

それを、今まで当カウンセリングルームは、心理カウンセリングという立場の性質上、電話に出られなかった場合に、でもこちらから電話を掛け直すことはしてきませんでした。

 

もちろん、1分以内とか直前直後のタイミングなら掛け直すことはありましたが、30分以上ほど空いてしまった時は、クライアント(相談者)がまた電話してきてくれるのを待つようにしていました。

 

そして電話に出られない機会というのは結構あったんです。

 

中断しにくいクライアントとのカウンセリング中や、

運転中・講義中・執筆中・会食中・電車移動時・などなど

どうしてもスッと電話に出られない場合があります。

 

 

 

しかし、この2ヶ月ほどカウンセリングに来てくれた方々に意見を頂戴してみましたら、

 

こちらが心理カウンセリングの立場であっても、掛け直す方がいいのかなと思う方に傾く感じの声が複数、聞こえてきました。

 

 

 

もちろん、

「誰かと一緒にいたら気を使わせてしまうなぁ」とか

「会話が出来るタイミングじゃないって事もあるかも」とか

「滋賀心理カウンセリングですけど、というこちらの一言目がそばにいる誰かに聞こえたらよろしくないのでは」

 

そういった事に配慮しているつもりで控えていたのですが、それよりも、

 

「無視されてないと思えるから掛け直してくれると嬉しい」

 

「他に話す人なんていないので掛け直してくれる方がいい」

 

「また電話するには、また勇気がいるからありがたい」

 

「心理カウンセリングに通っていることを隠してないから大丈夫」

 

などなど、こちらが思っていたより皆さんアリという考えのようで。

 

 

 

もちろん人によるだろうしタイミングにもよるだろうけど、今後は

気付き次第に折り返し電話させていただくことに致します。

 

そして、こちらの折り返しに出られなかったら、もちろん何も気にせず

折り返しの折り返しをしてください。

 

そして、それにも出られなかったら今度はちゃんとこちらが

折り返しの折り返しの折り返しを・・・って、もういいですね。

 

なんせ、ちゃんと声を聴きます。

ですので届くまで折り返していきましょう。

 

 

 

放置しているつもりは全くありませんでしたが、

お問い合わせ・ご予約どちらにしても電話に出られなかったら

折り返しお電話させていただくことにしますので、今後とも

改めてよろしくお付き合いください。




--------------------

 

必要な方に届きますように…

 

土日祝日も対応!
朝方・夜・深夜24時間いつでもOK!
大津・草津・山科で大好評の
人間関係・職場環境・夫婦問題・教育相談など
全般的にメンタルケアをしている
滋賀心理カウンセリングです!


【コラム的ブログ】
http://shiga-mc.hatenablog.com


クライアント(相談者)の在住エリアは滋賀のみならず、京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・三重・愛知・福井・岐阜・石川などにも拡大中です☆

 

f:id:shiga357amano:20180407122219j:plain

↑カウンセリングルームの受付窓口に電話が繋がります↑

このページのキーワード設定はメンタルヘルス,人間関係,ストレス,うつ,家庭環境,夫婦関係です。