京都滋賀心理カウンセリング

京都滋賀心理カウンセリング。大津,草津,京都,山科からのカウンセリング希望者が特に多いが全国対応に展開中!

「思いっきり鬱の人の話とか、思いっきり病んじゃってて泣き叫んだり暴れたりするような人って来ないんですか?」って君、言い方。

昨日カウンセリングに来てくれた石川県金沢市に住む石川さん(仮)27歳女性との話の中で、少し嬉しくて意外なことを言われました。

実はこちらに来る前に、ブログを全部読んできたんですよ!

 

えっ、そうなんですか。なんか恥ずかしいですね。

 

いえいえ、すごく面白かったし参考になりました。面白いって言っていいのかな?読み甲斐があるって意味です。

 

もちろんわかります。大丈夫です。でも、あんまり具体的には書いてないでしょ。抽象的というかイメージはしやすいかなーとは思いますけど。

 

はい!なんか、人生が見えてくるじゃないけど、あんまり病気病気してなくてって言うか。

 

うんうん、悲観的な書き方じゃないでしょ?

 

そうなんですよね。暗くないし、沈まずに「あー、なるほど」って読めるんです。勉強になるんですよ。

 

そう言ってもらえると一番嬉しいですね。それを目指して書いてますから。

 

なんか、誰にでも有り得る例えを教えてもらってるような、どの話も「へぇ~」ってなりました。

 

ありがとうございます。

 

でもね、でもね、1つだけいいですか?

 

えっ?ダメ出し!?怖いなぁ。

 

いえいえダメ出しじゃなくて。

 

はい、どうぞ。

 

あのー、なんて言うのかな?例えば、思いっきり鬱の人の話とか、思いっきり病んじゃってて泣き叫んだり暴れたりするような人って来ないんですか?

 

来ますよ。精神的に軽症の人から重症の人、精神疾患じゃなくて悩み相談・人生相談の人まで。

 

そうですよね!すごく幅広く来てるんだと思うんです。その幅広さは話題のバリエーションでわかるんですけど、でも超重症者の人の話って先生あんまり書かないですよね?

 

よく見てますねぇ。うん、あんまり書いてないですね。

 

それってなんでですか!?

 

うーん。超重症者という言い方もどうかと思うってトコから入るんですけど、実際の症状とかホントに詳しくわかりすぎてしまうとどうなのかなーって思う部分もあるんですよね。あまりにも具体的に書いてしまうと、クライアント(相談者)はショックな意味で「自分のことが書かれてる!」と、イジられてるように受け取ってしまうとダメだなーと思うんです。

 

あ、なるほど・・・。

 

やっぱり、読んでもらうことでポジティブになれるような、明るいゴールが見えてくるような、それを意識して書いてるような形で表現しないと、実例として書かせてもらってる話題のクライアント(相談者)も気分がよくないだろうし、何よりリアルな描写して喜ぶのはそれこそ病んでる人がもっと病むために見たい内容になってしまう、と思う部分があるんです。

 

・・・わかってきた・・・。

 

そうでしょう?やっぱり見てる人にとって、その人が弱ってても弱ってなくてもあくまで希望を持てるような、読んでて病まないような内容にしたいんですよね。

 

あー。はい、確かに。言われてみればそれはそうですよね。

 

うん。だからこそ、誰にでも読みやすく、誰にでも当てはまるかもしれない、でも誰でも前向きに読めて、読むことで前向きになれるように、書きたいんです。

 

すっごく納得です。すいません、なんか、嫌なこと言って。

 

いや、一意見としてありがたく参考になりますから。でもそうか、リアルなカウンセリング内容を描写したような、ハードでダークな部分を見たい意見もあるのかなぁ。

 

いや!もうないです!言われてハッとしました!たしかに「怖いもの見たさ」みたいな程度で、ダメなこと言っちゃってました。ダメです。なんか、興味本位というか性格悪い部分が出ちゃってました。ごめんなさい!

 

いやいや(笑)それも、でも正直な興味やった訳ですよね。素直に聞いてくれて、わかってくれてよかったですよ。その上で、「だからこういう書き方してる」「だからこういう内容を書いてる」というのがわかってもらえれば最高です。

 

よくわかりました。ほんとゴメンナサイ。ちょっと自分が子供でした。

 

いえいえ。うん、まぁだから内容も実はけっこう長い時間かけて考えて言い方とか流れとか、いかに読んでる人が「ポジティブに向かえるか」というのと、「いかにネガティブに向かわないようにできるか」という2点を考えて書いてますからね。

 

ポジティブに向かうのと、ネガティブに向かわないように、って、違うんですか?

 

そりゃ、違いますねぇ。真逆だからって同意義には必ずしもなりませんからねぇ。

 

先生、「かしこ」ですね。

 

いや言い方!古いな!(笑)

 ・

 ・

 ・

石川県金沢市に住む石川さん(仮)27歳女性・・・

 

1回目は面談でのカウンセリング、

 

2回目はレンタルフレンドでカラオケに行きました。

 

性格もキャラクターも、なんとも明るい人です。




--------------------

 

必要な方に届きますように…

 

土日祝日も対応!
朝方・夜・深夜24時間いつでもOK!
大津・草津・山科で大好評の
人間関係・職場環境・夫婦問題・教育相談など
全般的にメンタルケアをしている
滋賀心理カウンセリングです!


【コラム的ブログ】
http://shiga-mc.hatenablog.com


クライアント(相談者)の在住エリアは滋賀のみならず、京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・三重・愛知・福井・岐阜・石川などにも拡大中です☆

 

f:id:shiga357amano:20180407122219j:plain

↑カウンセリングルームの受付窓口に電話が繋がります↑

このページのキーワード設定はメンタルヘルス,人間関係,ストレス,うつ,家庭環境,夫婦関係です。