京都滋賀心理カウンセリング

京都滋賀心理カウンセリング。大津,草津,京都,山科からのカウンセリング希望者が特に多いが全国対応に展開中!

不公平・理不尽・不自然・運が悪いって意外と平気で起こりますよね。

インスタを見てウチ、【滋賀心理カウンセリング】を知ったというクライアント(相談者)が初めての相談に来られた時の話なのですが、今回は症状や病気といった事ではなく、ましてクライアント(相談者)自身の話でもなく、社会の理不尽に振り回され、本人的に無意味に損な役回りを受けているんだが、という何とも不運な話です。

もちろん固有名詞や場所が特定できる言葉は出せませんが、説明します。



上司Aが、何もしていない後輩Bの責任にしてボロクソに言ってた事柄があったそうなんです。でも後輩Bは身に覚えがなかったので、謝るのではなく否定していたそうです。そしたら上司Aが、後輩Bが悪いと決め付けて責任を押し付けていたから、謝らない・認めない後輩Bをそれはそれはボロクソに責め倒していたそうです。

それが先日、実は上司Aのミスだったのを、隠して誰かにミスをなすりつけようとして後輩Bに押し付けていた事が周囲に判明して、全部わかった後輩Bが我慢できずに上司Aを殴ってしまったそうで、全員が後輩Bに同情と味方をする中、しかし後輩Bはクビになりそうということなんです。

全員が後輩Bをかばっているけど、でも後輩Bは職場の空気的に多分クビになるだろうということです。

後輩Bはかわいそうだし、会社に残る上司Aもある意味ではこれからかわいそうですよね。

周りの人たちの上司Aを見る目は決定的に誰も味方しないような雰囲気になってしまってるそうです。

そして相談に来られたのが同僚Cさんです。



「あんまりにも世の中って公平じゃないですよね!なんとかなりませんか!後輩Bはもう、無口になってテンションが落ちまくってるんですよ!」と。

それをウチに言われてもという部分はありますが、アドバイス出来るとしたら、会社の規模によってはコンプライアンス的に訴える部署はないか、労働基準監督署に相談に行くとか、上司Aのさらに上の上司に事情説明をするとか、法律の専門家ではないので確実な解決方法を提案できる訳ではなかったのですが私なりに同情・共感する話だったので一生懸命に考えました。

一応、同僚Cさんの目的は、もし後輩Bが見てられないというような状態になってしまったらウチに連れてこようという事で、下見に来られたそうです。CさんにとってBさんは弟分のような存在だそうです。



結論としては、

1.会社にクビを撤回してもらうように同僚たちの嘆願書と事情説明書を差し入れる。
2.それでもクビになってしまったら撤回を求めて労働基準監督署へ相談するか、弁護士に相談する。

しかし、難しい点として現実にBがAを殴ってしまったというのが判断しにくいところです。もちろんBはミスをしてなかったけど、でも上司を殴ったことでクビと言われても仕方ないかもしれない。

でも冤罪で解雇という理不尽を黙って受け入れられる訳もない。

そして私は社会保険労務士でも弁護士でもないので結論の推測を言い切ることはできない。

焦点は上司Aにお咎めがないことの是非と、後輩Bの殴ってしまった事実をクビ切りという形で一方的に責任を取らせる事の是非だと思います。

ただ、提案1か2が通ると思うし、何にしても事情説明書を差し入れることでクビは撤回されると思うので、「何の責任も取れないですが」と前置きした上で私の意見を述べさせていただきました。

心理カウンセリングという仕事柄、嫌になるほど聞く機会がありますが、不公平・理不尽・不自然・運が悪いって意外と平気で起こりますよね。

さぁ、次は京都府宇治市から、13時に新規のクライアント(相談者)が来られる予定です。

それまでに何か食べておこうかな。



----------
【滋賀心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

メールでのご予約・お問い合わせ
http://shiga-mc.com/?page_id=53

 精神疾患,メンタルヘルス,人間関係,ストレス,うつ,家庭環境,夫婦関係,愚痴聞き,人生相談
----------

淡海子育て応援団に加盟登録されました。滋賀県(役所)が運営するところです。

【滋賀心理カウンセリング】が、県が運営する〈淡海子育て応援団〉というところに加盟登録されました。

f:id:shiga357amano:20180509140530j:plain



1つの評価として形になったコトは嬉しい

スクールカウンセリングとはまた別で、小学生~大学生までの悩める子供たちなり

子育てに悩むママさんなりが来てくれやすくなるかなー

今日の予約の中で該当するのは1件、登校拒否に悩む高1の女の子がカウンセリングに来ます。

学校に拒絶感があって行けないのだけれど、でも学校に行ってないことに罪悪感とか劣等感を感じるという難しい状態。

ウチには定期的に通ってこれてるんだけどなぁ…。

さてさて、今日も少しでも気持ちを柔らかくしてあげられますように



具体的な理由があっての登校拒否も少なくないですが、昨今では理由なく引き篭もってしまう意味で学校に行かないという形も珍しくなくなってきました。

親御さんにとってみれば何がなんだかサッパリという気持ちになり、よほど何かの病気でヒドい状態なのだろうかと心配されることがありますが、焦らず落ち着いていただくようお願いしています。

それと、子供さんは何才であれ、仮に6才の小学一年生だとしても人格や性格、考え方が確立してきていることを認識して存在を軽んじる扱いをしないよう大事にしてあげるようにしてください。

短いですが、今回はこれにて。



----------
【滋賀心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

メールでのご予約・お問い合わせ
http://shiga-mc.com/?page_id=53

 精神疾患,メンタルヘルス,人間関係,ストレス,うつ,家庭環境,夫婦関係,愚痴聞き,人生相談
----------

カウンセラーも病んでいるという噂?実感してしまいました。

カウンセラー自身が、多くのクライアント(相談者)とお話をする中で精神的に参ってしまう・弱ってしまう事がままあるというのは珍しくない話だと色んなところで聞いてきましたが、私自身や私の周りでは今のところないので、少し他人事のように思っていました。

ところが今日、やられました。
話は数日ほど前から始まります。

カウンセラーとしての求人応募メールが来ました。京都在住20代後半の男性(仮)で、カウンセラーとしての経験は4年ほどあるが現在は離職中とのこと。

私は「本日、○○時にお電話いたしますので」とメールを送った上で、電話を掛けました。

電話に出た男性は、良く言えばとても柔らかそうで優しそうな声と話し方。悪く言えばナヨナヨして元気がなく頼りない印象でした。

「それでは、○○時に面接に来ていただくという事でよろしいですか?」

「はい。お願いします。」

ということになりました。

その20分後に男性から電話が鳴りました。

「えっと、すいません。さっきちょっと聞こえにくかったので確認したいんですけど、○○時で良かったですか?」

「えぇ、そうですね。」

「わかりました。すいません。よろしくお願いします。」

ということで電話を切りましたが、またその30分後に電話が鳴り

「すいません。ちょっと今、出先で。○○時に行けそうにないんで日を変えてもらうってできますか?」

「……えぇ、大丈夫ですよ。そしたら、○○日の○○時はどうですか?」

「はい。それなら行けます。離職中なんで。」

ということで、所々おかしいなーと思いながらもスケジュール帳に書き込み、時間を取りまして待っておりました。

実は直感的なことを言うと、会うまでもなく何回かの電話だけで不採用の印象しかなかったのですが、それも失礼かなと思い、ちゃんと会って話して考えようと思いました。

当日、当たり前のように来ません。

時間ちょうどになっても連絡もないので、来る気はないんだろうけど放置は私も気になりますので、おかしいなーと思いながら電話をしてみました。

切られました。

留守電になるのではなく、コールが鳴り続けるでもなく、何度目かのコールでブチッと切られました。

驚きはしませんでしたが、あぁ、こういう事かと。

常識がなく礼儀もない残念な人が増えてるよと多くの方から聞く昨今、なるほどなと思いました。

決めつけてはいけないのはわかっていますが、電話をしてきた男性は、カウンセラーというよりクライアント(相談者)を思わせる元気のなさでしたし、そして離職中という現状から思うに、やはり多少なりとも元気な精神状態ではないのかなーと、職業柄少し心配してしまうような解釈をして忘れることにしました。

採否はともかく、面接のために予定を空けていた時間を考えると困ったものですが、連絡もしてこず、来ることもなく、あまつさえこちらからの電話を切るようなレベル(または状態)の人を責めるのは大人げないということになりますが、本気でカウンセリング業をしており、真剣に1つ1つに取り組んでいる私にとっては少しムカッとしたので、ここで発散のため書かせていただきました。

だって、私だって人間ですから。
失礼をば致しました。

約束1つ守れず、連絡も出来ず、かかってきた電話に出てキャンセルや日時変更を伝えることもできない、そんな人がカウンセリングをする側で話など出来る訳がありませんので、結果的に雇った後で変な甘やかしやルーズな性格を許してしまったりする前にこうなって良かったと思います。

クライアント(相談者)が、その症状からルーズになってしまう事はありますし慣れていますが、カウンセラーの側でこんな事は私にとっては初めてでしたので勉強になりました。

何より腹が立ったのは、相談者からの予約ではこんな事は今まで一度もないのに、働きたいからと応募をしてきた立場の自称カウンセラーにこんな事をされたのが理解に苦しみました。

もしかして・・・もしかしてカウンセラーとして応募してきたのではなくクライアント(相談者)として申し込みをされたのかな?助けになれるならなりますが・・・

いや、そんな政治家みたいな記憶の改竄しても仕方ないし、どっちにしても待ち合わせを無視され電話を切られた事実は変わらない・・・

あ、久しぶりにイラッとしてるな、私。
しかしここに書けたことでスッキリしました。

中途半端な人に腹が立つというのは、自分が真剣に取り組んでいる証拠ですから良い事と捉えます。

さて、気分を入れ替えて今日は16時・19時・23時と連続してカウンセリングの予約が入っているので元気を出して明るくがんばっていきます(^^)

京都・京都・滋賀の方だったかな。少し遠方でもわざわざ来てくれるのですから、誠意を持って対応するのがそもそも人としての基本だと思っています。

今回はこのような話題になり改めて、失礼しました。しかも丁寧に説明してるようで口が悪くなってしまっています。でも、だって、人間だもの。

はい、もうスッキリと元気になりました。



----------
【滋賀心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

メールでのご予約・お問い合わせ
http://shiga-mc.com/?page_id=53

精神疾患,メンタルヘルス,人間関係,ストレス,うつ,家庭環境,夫婦関係,愚痴聞き,人生相談
----------

お休みをいただいていました。近江神宮とか行ってました。

GWに03日04日05日の3日間お休みをいただいて、仲間内でたまには一緒にカウンセリング以外の時間を共有して過ごす時間を作ってコミュニケーションをという趣旨でした。

お電話をいただいた数名の相談者の方々には07日以降のカウンセリング対応になってしまった事を気持ちよくご配慮いただきありがとうございました。

滋賀というところは琵琶湖という大きな名物もありますが、かなり神社・仏閣も多い県でして建部大社や浮御堂や比叡山、他には琵琶湖バレイも一度は行きたいなど今回はそういった場所をメインに過ごそうかと。



ちなみに琵琶湖バレイには行けませんでした。16時半にロープウェイが受付を閉めてしまうということでしたが、それどころではありませんでした。16時頃に行ったにも関わらず受付を目の前にして門前払いをされてしまいました。

どうやら流石のGWで、順番待ちが多くて16時半を超えるであろう人がすでに待っているからということでした。

なんて説明不十分な。

けっこう宣伝されてますので、琵琶湖バレイのための山道では滋賀のみならず関西全域またはそれよりも遠方のナンバーをも数多く見かけていました。

しかし何十台、もしかしたら百台を超えようかというほどの車は、わざわざ渋滞を乗り越え山の中腹に差し掛かったところで警備員さんに止められ、そこで初めて「今日は時間切れ。Uターンして帰ってください」と知らされます。

いや、はよ教えてよ。

なんで大渋滞を承知の上で受付にまで黙って行かせてガッカリさせるんだろう。

バイパスの出口とまでは言わないまでも、山道の入り口でもいいじゃない。どこかでもっと早めに看板1つ置いてあげればあんなに渋滞して多くの人の時間を潰さなくてもいいのに。

ウチの車内は雑談で盛り上がり楽しい会話が続いていたので単純にドライブした感覚で済んで良かったです。

まぁ、琵琶湖バレイも今回をきっかけに何か対応はしていくんでしょうし、次回は混んでないタイミングで行きたいと思います。



皆さんはどういったGWをお過ごしでしたでしょうか。

ちなみに現在のところカウンセリングのご予約をいただいている方で数名は、季節ならではの「五月病かもしれないけど、理由もきっかけもなく倦怠感と意気消沈がヒドい」という趣旨のご予約があります。

季節の変わり目で雨が増えたり気温の変化で体調が崩れやすく、さらに気分まで滅入りやすい時期というのは本当です。相談者の数と内容が実証しています。

しかもGWで多少なりとも休めてしまうことで、連休明けに「あぁ仕事に行きたくない」と思ってしまう方や、反対にGWに休めずにそのせいで「自分は損をしている。こんなに頑張ってるけど。」と疲れを感じてしまってダルさがまとわりつくような方もいます。

あとは学校の連休明けになる学生(小学生~大学生)が「行きたくない・・・」として親御さんが心配して連れて来られたり。

気分やテンションというのは多くの場合、薬では治りません。

難しいところです。



産業カウンセラーの先生に「やる気の問題です。普通に頑張ればいいんです。」と言われて殺意を覚えたという話をウチに来て話された相談者がいます。

いや、産業カウンセラーの先生そこだけ聞くと何も間違ったこと言ってないんですけど・・・。

でも殺意を覚えられるとは物騒な言い方・・・。

そんなに口の悪そうな人には見えない相談者でしたが、「だらしない」という意味だけの否定をされたように感じたようです。

難しいところです。



さて、今日は資料整理やカルテ整理、WEBマーケティングやローカルマーケティングについてゆっくりじっくり設定を話し直したりして過ごし、明日からはまた平常運転でカウンセリング対応に当たっていきます。

今後とも【滋賀心理カウンセリング】をよろしくお願いいたします。



----------

必要な方に届きますように…

土日祝日も対応!
朝方・夜・深夜24時間いつでもOK!
大津・草津・山科で大好評の
人間関係・職場環境・夫婦問題・教育相談など
全般的にメンタルケアをしている
滋賀心理カウンセリングです!

 

【公式ブログ】
http://shiga-mc.hatenablog.com


クライアント(相談者)の在住エリアは滋賀のみならず、京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・三重・愛知・福井・岐阜・石川などにも拡大中です☆

 

f:id:shiga357amano:20180407122219j:plain

↑カウンセリングルームの受付窓口に電話が繋がります↑

このページのキーワード設定は愚痴聞き,メンタルヘルス ,人間関係,ストレス,うつ,家庭環境,夫婦関係です。

関西VS関東じゃないけど、カウンセラーごとにカウンセリングの感覚は違うという話。

東京の第一線で活躍する心理カウンセラーの先生と会って話してる時に、

「どんなカウンセラーなら、より第一印象よく受け入れてもらえるんだろうね。」

といった話題でパスタをいただいていたんです。

「見た目?パッと見は髪形・顔・服装やんね。柔らかそうな人、堅苦しそうな人って最初の3秒で印象が付くって言いますね。」

「そうだね。細かく言えば腕時計や靴、香水など匂いも気になる方がいるよね。」

「ん~。やっぱ明るい髪色はアカンでしょうし、ピアスや装飾品もあんまり派手なのはよろしくないですよね。」

「そうだね。できるだけ抑えて地味なのがいいよねー。」

「そういえば、男前なのも微妙じゃないですか?」

「そうだね。美形は時に相手に緊張を生むからね。」

「その点、僕はリラックスしてもらえる見た目でよかった。」

「そうなの?」

「男前ではなく、このワガママボディー。癒し系でしょ。」

「あー、そんなに卑下しなくてもいいと思うよ。僕も同じようなものだし。」

「雰囲気がオシャレすぎたり、身なりがキレイすぎるのも相手が距離を感じるかもしれないですね。」

「そうだね。僕もそう思うよ。」

「じゃあ・・・男前すぎずオシャレすぎず。」

「そうだね。適度にね。だからって不潔だとかだらしないような感じもいただけないけどねー。」

「あー、オシャレを間違えてちらかってる感じの人いますもんね。」

「そうだねー。そういえば最近さぁ、印象の強いカウンセリングってあった?」

「うーんとね。内容の濃さとは反対で、ウチに来てまで、まだ本音を言えてないのかなーって思ってしまったクライアントはいました。ダメなんですけどね。壁を作られてるようでは。」

「なるほど。あるよね。でもそれって仕方ない時が多いよ。ただでさえ初対面だし、ただでさえ相手は心を開いてないのをわざわざ開こうと頑張ってきてるんだから。難しいって人も多いよね。」

「そうなんですよねー。だからその人の時は終始あんまり大した内容じゃない話のままで時間が過ぎてしまって。もっと話しやすい雰囲気作りを心掛けないとなーって反省しました。」

「ちなみに趣旨は何だったの?」

「両親からのDV、父親からは性的虐待の過去もあったようです。」

「それは苦しいね。でも、じゃあ男性カウンセラーにカウンセリングされるより女性の先生の方がよかったかもね。」

「そうなんですよ。僕もそう思うんですけどね。でも電話で予約を受けた時に確認したら、僕が男性とわかった上で担当でいいって言うんで。知人からの紹介ということでしたけど。」

「へー。本人が希望したのなら、じゃあいいよね。」

「カウンセリングで引き出しを開けきれてないなと思った時にも聴いてみたんですよ。でも僕のままでいいって事でした。」

「そこまで聞いてそうなら、じゃあOKだったんだろうね。もしホントは嫌だったけど言えない、だとしても、2回も確認してて、しかも自分の意志で来てるんだからどうしようもないし。」

「まぁ、そうなんですよね。次はもうちょっと話してもらえるように頑張ってみます。後半はちょっとずつ笑顔が見えだしたんですけどね。」

「あ、予約して帰ったんだ。」

「はい。2週間後に。」

「じゃあ何も問題ないよ。というか問題はそこじゃないよね。やっぱりご両親からのDVがヒドすぎて心を閉ざしてるのを、本人も頑張って開けようとしてんじゃない?」

「そういう事です。その上で、少しでも早く、まずは会話を気持ちよくさせてあげたいなーと思って。」

「うん。確かに。そういうの難しいよね。でもクライアントにとって男性ということで怖さを感じられずに受け入れてもらえたなら合格点でしょ。そこがまずハードル高いもんね。」

「そうですね。」



というようなお話をしていました。

なんでしょう。なんか、なんとなく標準語ってちょっと上からのように聞こえるような気がする時があるんですけど、でも悪気がないのは間違いないんですけど。

良い人だし、好きな人なんで何も思うことはないんですけど、なんか、なんかね。

言葉の違いを楽しみながら、会話の中身も真剣に。

日々是成長也。
中国語じゃないですよ。
日々これ成長なり。



----------

必要な方に届きますように…

土日祝日も対応!
朝方・夜・深夜24時間いつでもOK!
大津・草津・山科で大好評の
人間関係・職場環境・夫婦問題・教育相談など
全般的にメンタルケアをしている
滋賀心理カウンセリングです!

 

【公式ブログ】
http://shiga-mc.hatenablog.com


クライアント(相談者)の在住エリアは滋賀のみならず、京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・三重・愛知・福井・岐阜・石川などにも拡大中です☆

 

f:id:shiga357amano:20180407122219j:plain

↑カウンセリングルームの受付窓口に電話が繋がります↑

このページのキーワード設定は愚痴聞き,メンタルヘルス,人間関係,ストレス,うつ,家庭環境,夫婦関係です。