滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫(神戸)/和歌山の心理カウンセリング

大阪/兵庫(神戸)/和歌山/滋賀大津草津/京都/奈良の心理カウンセリング。精神疾患がある方のメンタルケアはもちろん、悩んでる弱ってる困ってる悲し寂しいつらいという方も。うつ,不眠,不安,心療内科,精神科,メンタルヘルス,メンタルクリニック,パニックなどピンとくる言葉があれば一人で無理して我慢せずカウンセリングを。

楽天ブックスでカウンセラー部門7位!

楽天ブックスでもウチの著書が商品登録されて、応援してくれる方々が一気に購入してくれたおかげという一時的な勢いだとは思いますが、

なんと本日時点で「楽天ブックス」の
「カウンセラー部門」で7位!

f:id:shiga357amano:20190207223010j:plain


- - - - -

みなさんありがとうございます。

- - - - -

f:id:shiga357amano:20190207223018j:plain


- - - - -

今後とも宜しくお願い致します。

年末年始の正月気分も終わり、

寒い冬を過ごして、

「さぁ今年も始まったな」ということなのか

01/15頃から面談・電話・LINE通話あわせて

カウンセリング予約が増えています。


(本の出版を知ってか、各業界・各業者からの営業電話も増えています。いらん。)

寒い冬というのは、悲しいことに気持ちが冷める冬というような事もあるのか

この2週間ほど「別れ(たい)」・「離婚(したい)」の話が多いように思います。

もちろん割合としては
卒業を迎える学生の
進路・進学・留年・就職について

どうする?
どう考える?
何をどうするん?
何をどう考えるん?
将来の夢って何?
得意なことって何?
志望動機とか自己PRって?
自分に何ができるん?
自分は何がしたいん?

そういった内容が一番多いんですが。

悩んで当たり前。

わからなくて当たり前。

それでいい。仕方ない。

まずはそこから。

ウチに来たら最低でも味方になる。

親じゃない、先生じゃない、友達じゃない。

全部をぶちまけられる相手になる。

まずはそこから。

毎日、毎回、全員に全力です。

だから今回のブログは中身がない。

だって忙しいから(笑)

ま、本が好評というお知らせということで今日はこれで失礼いたします☆



----------

ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。

アマゾン購入画面へ直通
https://amzn.to/2Pf7S3c
----------

滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫/和歌山
【心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

※完全予約制
※心理カウンセリングは有料です。

----------

楽天ブックス!やっと商品登録ができました。

当カウンセリングルームから出版された書籍

天野仁善のみんな悩んでるのがわかる本」が

楽天ブックス>にも、やっと商品登録されました。

これでアマゾン・楽天、そして近日中に三省堂にも取り扱いされる予定です。

みなさんのご期待・ご感想が2冊目を書いているモチベーションになっています(^^)

ありがとうございます(^^)

さらにもっと広く多くの方々にお読みいただくには、みなさんの評価とレビューがとても効果的になります。

ぜひよろしくお引き立てをお願い致します。

-

【カウンセリングルームHP】
http://ok-nayami.net

楽天ブックス-商品ページ】
https://books.rakuten.co.jp/rb/15788057

【アマゾン-商品ページ】
https://amzn.to/2Pf7S3c

 

天野仁善のみんな悩んでるのがわかる本

 

就活に悩む学生を子に持つ親御さんも悩み相談に

前回、就活に悩む学生について書きました。

学生じゃなくなる、
社会人になる、
わかってた事ではあるけど
就職活動をする。

みんな就活してる。
でも、自分は何ができる?
何なら当たり?
どこなら当たり?
よりよい結果を出したい。
心配されてる。応援されてる。

でも、わからない。
就職なんてしたことない。
仕事内容?労働環境?給料形態?
どこなら長く続く?安定する?


素直にとまどう学生たちが多くカウンセリングに来て、正直に本音を吐露してくれる。

真剣に困ってて悩んでて
どうしていいかわからないと
真剣に話してくれて
泣く子も多い。


そう書きました。

その前回の話を読んでくれた、ある親御さんが

「ウチの娘、この春に卒業なんですけど、まだ就職先どころか方向性?何も決まってないみたいで荒れてるんです。責めたり急かしてるつもりはないけど、家の中でも険悪な感じというか、ずっと不機嫌になってて、どう接したらいいやら・・・」

ということで来てくれました。

他にも、まったく同じ状態ではないにしても近しいケースでのカウンセリングがあります。



はい。親は親で大変ですね。

「ウチの子なにを考えてるんやろ」

「大丈夫なんかな、ちゃんと考えてるんかな」

「なんや言うたら逆らってばっかり」

「もう最近ようわからんわ」

「何も言ってないのに怒ってるし」

「なんかウマくいってないみたいやけど」

「親には何も話してくれんし」

「なんでアカンいう方ばっかり行くんやろか」


親はもちろん愛情のカタマリ。

でも、子も子で親にガッカリされたくない。期待に応えたい。

ちゃんと考えてはいるんですけどね。

噛み合わない時期というのが、どんな親子にもある。

心配や応援がウザく感じる時期があり、

何がどうでも気になってブツブツ言ってしまう時期がある。



そんなモンです。

そして、親も子も自信がなくなるときがある。

わからなくなってしんどくなるときがある。



そういう時に来てもらえたら、安心できると思います。

再確認や再認識や、一般論や

「ほかの子は?」「よその子は?」「みんなこんなん?」に

答えられます。



子を想う親の気持ちにも寄り添って、味方して、

良い親子関係を上手に保てるようにお手伝いします。

全力で一緒に考えます。

恥ずかしいとか、ためらったとか、たまに聞きますが

「来て損した」「来んでよかった」なんて言われたことはありませんので

思い切って来てみてください。



----------

ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。

アマゾン購入画面へ直通
https://amzn.to/2Pf7S3c
----------

滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫/和歌山
【心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

※完全予約制
※心理カウンセリングは有料です。

----------

高校生・大学生が多く来ます。将来なんて見えてないのに先に本気で就職を決める事は難しいという話

毎年のことなんですが、秋頃から春前にかけて学生さんがカウンセリングに来る機会が増えます。

恋愛・別れ話・未練・妊娠・休学・退学・出産・結婚など、学生は学生でいろいろあって話題はさまざまなんですが、特に増える内容は【就活】就職活動です。

いや、就職活動はしてるんです、みんな真面目に。

ただ、決まってても決まってなくてもあんまり関係なくカウンセリングに来て

「とりあえず就活してる(した)けど、自分がやりたいことって別になくて、こんな自分がとりあえず何かを決めて働き始めるという覚悟というか、心構えなんてできなくて・・・」

高校を卒業する、大学を卒業するという時期に差し掛かった時、

自分は何がしたいんだろう。

自分はどこに行くべきなのか。

どこなら間違いないのか。

どうするのがベストなんだろう。

期待されてる。心配されてる。応援されてる。

出来るだけ間違いないところに収まりたい。

でも、それはどこ?

どう考えたらいいの?

何を基準に、どういう考え方で、

どこに行けば、何がどうなの?

何もわからないんですけど・・・

で、悩む。



そりゃ悩むわ。

「悩め悩め、大いに悩んだらいいよ」と言った大人に「ふざけんなよ」と本気でムカついたという21歳の女の子の話を聞きました。

いや、うーん。「悩め悩め」って言った大人は間違ってはないんですけど、でもムカついたというのもわかる。

学生のみんなからすれば「そもそも何にどう悩むねん!」ですからね。

問題を出されてないのに答えを迫られてるようなもので、

しかも誰も、いつになっても答え合わせをしてくれない。

なのに完璧な判断を強要される感覚。

何の悪意もない親や先生たちは「がんばれ!」「何とかなる!」「なるようになる」「お前なら大丈夫」「とりあえず進め、見えてくるから」と励ましてくれる。

でも多くの学生は「いや、だから何を?」と思う。

そりゃそうだ。



「終身雇用」なんて言葉は死語になっている今の時代。

だからって辞めることを前提に選ぶ訳でもない。

学生の立場で、自分なりに真剣に考えてる。

でもわからない。

知らないから、わかりようがない。

そもそも、わかるもわからないも「だから何を?」って感じ。



かなり広い範囲、大阪・兵庫(神戸)・和歌山・滋賀・京都・奈良からわざわざカウンセリングに来てくれます。

とりあえず個性・性格・特徴や向き・相性・適正などをできるだけ自然体で観察させてもらうべく、世間話をします。

趣味を聞いたり、遊び方や考え方、文系か理系か、それより体を動かす方が好きか。

だからってウチでは何も決めませんし、決め付けません。

私なりに思う、イメージしやすい方向性を提案したり、一緒に考えます。

ほとんどの子が泣きます。

18歳の男の子も、21歳の女の子も。

ウチに来て初めて「ぜんっぜん何が何やらわからへんのやけど!いやマジで!」という気持ちを吐き出せる場所がなかった、それをとりあえずやっと言えたという子が多いです。

親とか先生の前で別に無理をしてる訳じゃなくても、カッコつけてるんでもなく、わかった顔をしてるのも違うけど、

でも、なんか、簡単な「いや、ようわからへんのやけど、でも決めなアカンの?」という言葉が言えない。

がんばって言っても「当たり前やん。今までそのために頑張ってきたんやろ?」と優しくだが平然と言われてしまう。

まぁ、そうなんでしょうなぁ。でも、人生の先輩である大人はそれなりに先を知ってるとしても、自分はまだ何も知らない学生なんですが、という気持ち。言えない。

職種や勤務内容、労働環境や給料形態など具体的に知っている事柄なんてほとんどないのに、でも決められない自分はすごくダメな子なんじゃなかろうかと思って、言えない。

言えたらラクだし、言ってもいいんですけどね。

親も叱ることはない。「そうか、そらそうやな」とちゃんと言ってくれると思う。

でも、なんかガッカリされそうだったり、自分でなんとなく嫌で言わないとか。



そういうモヤモヤをまず聞きます。

決まってなくて当たり前。

自信がある得意な能力をすでに自分で把握してたり、間違いない自分に向いた職種をすでにわかってる学生なんて超めずらしい。

なんとなく漠然としたまま卒業を迎えてくると、自分に自信がなくなって不安になる。

「え、別にコレっていう趣味なんかないし、特技とか、自慢できるような能力なんかないし。長く続きそうな仕事なんかわかる訳ないし。でも決めなアカンの?しかも面接?自己PR?志望動機?そんなんないんですけど。」

多くの学生はこう思っているようで。

やる気がない訳じゃない。

だから難しいし、悩む。



年明けからペースが上がっています。

また100人を超えるようなほど来るのかなぁ。

みんな頑張ってるなぁ。

出来るだけ安心させてあげられるよう、出来るだけ方向性が見えるよう、寄り添って理解していけたらと思います。



----------

ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。

アマゾン購入画面へ直通
https://amzn.to/2Pf7S3c
----------

滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫/和歌山
【心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

※完全予約制
※心理カウンセリングは有料です。

----------

流行に敏感なの?怖いし困るんですけど!

今日はプライベートな日記を書いてみたいと思います。

というか書かずにおれない「本当にあった怖い話」を体験したんです。

昨日、知人とドライブの延長で京都を車で走っていたんです。

そしたら、最近ニュースで見かける高速道路ではなかったけど、それより怖い普通の下道で逆走している車とすれ違いました。

2車線の道で、顔は真正面から向き合ってるだろうに私の車が見えてないかのように突っ込んできて、

他に車がいなかったので私が反対車線にかわす事で正面衝突せずに済んだけど、

もしこっちに後続車がいたり、あっちに走ってきてる車がいれば絶対に事故が起きてたと思います。

そもそもすれ違ったんじゃなくて、こちらが動かなかったら正面衝突してました。

同乗者が相手の車のナンバーと場所を110番で伝えました。

直接どうにか相手を止めるなり声を掛けるなりしようとしましたが、相手はなぜか50キロほど出ててブレーキを踏んだ感じがなくて、行ってしまいました。

相手の車はダイハツ「タント」で、恐ろしいことに20代か30代に見えたような、普通の男だったように思います。

年配の「アクセルとブレーキを踏み間違えた」というレベルではなくて、居眠りしてるようでもないし、酔ってるようなラリッてるようなジグザグ運転でもなく、まっすぐ正面から安定した走りで逆走してきてました。

怖い怖い。
気持ち悪いし意味がわからへん。

京都府福知山市内の9号線での事です。

中央分離帯というスペースは無くて、黄色の中央分離線がある場所でした。

あの後すぐに逆走をやめるなり、事故が起きてなかったらいいけど。

あんなんに運転してほしくないわぁ(><)

冷や汗をかいた私と同乗者は、スターバックスでのドライブスルーで飲み物を買い、気分転換をしながらドライブの帰路につきました。

いつも通りキャラメルマキアートを飲みながら、でも途中で

「あ、ゴマのラテにしようと思いよったのに忘れとった!」となりました。

先日、ゴマのラテを飲んだ時に「たまにはえぇやん」と思ったのですが、気が付いたら習慣でキャラメルマキアートをすでに飲んでました。

いや、スタバの話が「本当にあった怖い話」ではないのでもういいですね。

本題は逆走。

何を考えて逆走するんでしょうね。

わかっててやってるのかな。

だとしたら怖い。巻き込まれたくない。

みなさん、逆走はもちろん、逆走してくる車にも注意しましょう。

角度によっては突然ぶち当たって、避けようがなく事故になってしまう事もあり得ると思います。

逆走してくる車と50キロ同士で正面衝突なんかしたら、えらいことです。

では今回はこの辺で。



----------

ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。

アマゾン購入画面へ直通
https://amzn.to/2Pf7S3c
----------

滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫/和歌山
【心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

※完全予約制
※心理カウンセリングは有料です。

----------

LINEでの心理カウンセリングご利用が激増しています。

まずは明けましておめでとうございます。

昨年に引き続き本年も宜しくお願い致します。

心理カウンセリング。

多くの方の逃げ場所・話相手・頼りになるところとして今後ともペースを落とさず活動・運営をしていきたいと思います。

-

さて、新しい対応方法といたしまして【LINE通話での心理カウンセリング】を採用いたしました。

すぐ、それはそれはすぐに反応が多くあり「待ってました」かのようにご利用が増えました。

-

【LINE通話による心理カウンセリング】とは、

カウンセリングルームに来れる方には関係ありませんが、

カウンセリングルームに来るには遠方なので今まで電話カウンセリングを利用していた方。

遠くはないのだけれども面談よりも電話カウンセリングを利用していた方。

通話料金が無制限というプランで携帯電話を持っている方も中にはいると思いますが、それよりも通話料金が発生する方がほとんどだったと思います。

今までは、できるだけ顔を見て気持ちを汲み取りやすい形で対応したいと思い、足を運んでもらう面談カウンセリングを主としていたのですが、

遠方どころか全国からの相談者が増えてきているので、少しでも利用してもらいやすいよう考えた結果、

LINE通話を採用することで、せめて通話料金が発生しないようにできるかなというところに辿り着きました。

-

LINE-IDは【.y-y.】
ドット,ワイ,ハイフン,ワイ,ドット

代表カウンセラー天野(あまの)に直通しています。

お気軽にご利用ください。

-

電話・LINEでの心理カウンセリングをご利用の場合は

【日時の予約】
 ↓ ↓ ↓
【料金振込】
 ↓ ↓ ↓
【電話かLINEで悩み相談】

という流れになります。

-

ご利用料金の振込口座などはHPをご覧になってください。

今後ともよろしくお願いいたします。



----------

ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。

アマゾン購入画面へ直通
https://amzn.to/2Pf7S3c
----------

滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫/和歌山
【心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

※完全予約制
※心理カウンセリングは有料です。

----------

まさかホームページの制作依頼を請けるとは

大掃除は終わりましたか?
ウチは終わりました。

年末年始も緊急事態や飛び込みの方からのカウンセリングは対応するのでお休みではないのですが、

それでも一区切り、2018年が終わり、2019年を始める心づもりは出来ております。

みなさま来年もよろしくお願いいたします。



さて、前回のブログで話した

飲食店の個人オーナーさんから「突然ですみません。ホームページどこに注文しましたか?」というような質問を受けて、

「いえいえ、ウチは自社制作?自己制作?なので外注はしてませんよ。もし良かったらホームページ制作お請けしますよ」

って事があったと書いたんですが、



ホームページ制作のご依頼をいただきました。

カウンセリングルームの趣旨ではありませんが、そういうご縁もアリかな、と。

もちろん会って、話して、知り合うのでお互いに協力的な宣伝を気持ちよくできますもんね。

それに、嬉しいことにすごく良い人そうなんです。

良いもの(ホームページ)を提供したいと思います。

単純に喜んでほしい。

ここで制作発表をするかはわかりません(多分しない)が、SEOに非常に強いホームページを制作できるとあって今後も依頼がありそうな予感がしてます。

だって、すでに宣伝していただいてるんです。

カウンセリングルームとしてではなく、SEOに強くてデザインの良いホームページを作るとして(笑)

まぁ、嬉しいですけど。



どこから、どんな縁があるかわからないので楽しんで受け入れるようにしてます。



そうそう、趣旨に戻って

カウンセリング予約は先約がない限り年末年始も24時間対応ですので

年末年始だからこそ寂しい、悲しいという人は気兼ねなくお頼りください。



それでは、今年はこの辺で。

今年もお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。



----------

ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。

アマゾン購入画面へ直通
https://amzn.to/2Pf7S3c
----------

滋賀/京都/奈良/大阪/兵庫/和歌山
【心理カウンセリング】
http://shiga-mc.com

電話でご予約・お問い合わせ
080-8519-1481

※完全予約制
※心理カウンセリングは有料です。

----------